Saving Down's syndrome ダウン症を守れ

ニュージーランド。
国土面積268680㎡、人口427万人。
南太平洋に浮かぶ自然豊かな小さな島国で、今、ある戦いが進行中だ。

Saving Down’s syndrome

そう名付けられたこの戦いは、この国で年間50人生まれるダウン症児の親の一人、Mike Sullivanによってはじめられた。
彼らは、国が2007年に設置した『ダウン症とその他の障害のためのスクリーニングプログラム』が、国際法で禁止されている特定の集団を対象とした抹殺にあたるとして、ニュージーランド政府を国際刑事裁判所に訴えたのだ。(Reference number OTP-CR-178/11)

彼らの訴えはこうだ。

「国は明らかに、ダウン症児の出生数を減らすことを目的としてスクリーニングプログラムを計画し、このプログラムは現状において実際にダウン症児の数を減らしつつある。これは集団の抹殺に他ならない。」

その証拠は国の計画文書の中にある。
非公開の文書の中で、国は、このプログラムを提供する方がダウン症の胎児を中絶するよりも安いと明言している。

ニュージーランドでは、昨年からこの問題がテレビや新聞を通じて報道されてきた。

・July 3 2012 Morning
・June 30 2012 3news
・June 12 2012 "Down but not out"

ただし彼等は「出生前診断」そのものに反対しているのではない。
彼等は出生前診断が、ダウン症の胎児の出生を助けるためにではなく、予防するために使われることが、当然視されることに疑問を提起している。

彼等は、出生前診断は、生命を保護するために使われるべきだと主張する。

「なぜダウン症が中絶の理由となるのか?」

ダウン症の子を持つ親自身がこうした疑問を提起する中で、
同様のプログラムは、ダウン症の数を減らすという予測の中、欧米、アジアの各国で行なわれている。
もとをたどれば、明らかにダウン症の出生を予防することが目的とされている場合も少なくない。

そして今、母体血を用いたより簡便でより「安全」な出生前診断技術の臨床応用が世界各地ではじまっている。

小さな国の小さなグループによるこの戦いが、世界に投げかける問いは大きい。

日本も含めた国際社会は、彼らの訴えに真摯に耳を傾けるべきだ。
[PR]
by m_mw | 2012-07-03 17:43 | 考えていること・thoughts